記事

補助金:事業再構築補助金第10回公募

事業再構築補助金 第10回公募

第10回公募からは、
コロナや物価高等により依然として業況が厳しい事業者への支援として「物価高騰対策・回復再生応援枠」を措置
産業構造の変化等により事業再構築が強く求められる業種・業態の事業者への支援として「産業構造転換枠」
海外で製造する部品等の国内回帰を進め、
国内サプライチェーン及び地域産業の活性化に取り組む事業者(製造業)への支援として「サプライチェーン強靱化枠」
成長分野への事業再構築を支援するべく売上高等減少要件を撤廃した「成長枠」
が新設されました。

1.申込受付締切

申請開始 2023年6月上旬予定
募集締切 第10回 2023年6月30日(金)18:00 

2.公募要領等

公募要領
公募要領(サプライチェーン強靱化枠)
よくある質問
電子申請不備にならないためによくご確認ください!!

ミラサポplus 中小企業庁担当者に聞く「事業再構築補助金のポイント」
経済産業省YouTubeチャンネル

3.応募申請書類お問合せ先

制度全般に関するコールセンター
<ナビダイヤル>0570-012-088
< IP電話用 >03-4216-4080
受付時間 9:00~18:00 (日・祝日は除く)

電子申請の捜査方法に関するサポートセンター
< IP電話用 >03-4216-4080
受付時間 9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)

4.申請方法

電子申請
gBizIDのプライムアカウントが必要です。
こちらは1ヶ月程度かかりますので、アカウントお持ちでない方、法人はすぐの申請をお勧めします。

 


採択されなかった理由で一番多い理由がいまだに書類不備だそうです。
必要な書類の添付がなければ、おそらくですが、内容の審査すらされていないはずです。
時間をかけて資料を揃えたにもかかわらず、内容審査まで進まないのというのは、なんとも言えない脱力感が残るのみ。

募集要領や必須要件を漏れなくチェックし、必要な書類を添付し忘れるということのないように申請を行いましょう。

また、募集要領は毎回少しずつ変更点がありますので、その変更点は特に確認を行いましょう。

 

募集要領に強調して記載されましたが・・・

本事業は、中小企業等の事業再構築への挑戦を後押しし、新たに取り組む事業の付加価値額を 高めることを支援するものであり、申請者は事業計画の作成(検討やブラッシュアップのために 認定経営革新等支援機関を含む外部機関の助言を受けることは差し支えございませんが、必ず申 請者自身で作成してください。作成自体を外部機関が行うことは認められません。)、実行及び 成果目標の達成に責任を持って取り組んでいただく必要があります。

事業計画書の内容を誰かに丸投げするのはダメだということをついに明文化して釘を刺されました。
他人に丸投げした事業計画は実効性低いのは明らかですからね。

結局、現実的に実行できないであろうと判断されれば、採択されないですし、
採択されたとしても実行できなければ、補助金を請求しても着金できないという事態にも陥りかねない。

さらに、着金後、報告書を提出できずに、補助金返還という事態になったら、全て自腹です。

制度が用意されているのだから、利用したら良いとは思いますが、
全体像を把握されてから利用されることをお勧めします。

当事務所での第10回支援受付は2023年5月31日までの予定です。
状況次第で予定より早く締め切ることがありますこと、ご了承ください。

関連記事

コメントは利用できません。

取り扱い業務

  1. gBizID
  2. ご相談
  3. 補助金・助成金
ページ上部へ戻る