gBizID

gBizID(プライム)取得のサポート

個人事業主・法人 33,000円 2024年3月〜5月 限定 無料サポートキャンペーン

オンライン(Zoom)サポートのみ 60分・1回

  • 個人事業主と法人の登録には用意する書類等が異なります。
    無料サポートキャンペーンへお申し込みいただいた後、必要書類等をお知らせします。
    サポート日時までにお手元にご準備ください。
  • 個人事業主の方の場合はマイナンバーカードをお持ちであれば、必要書類が省略できることもあります。
  • 無料サポートはgBizID取得完了を保証するサポートではありません。
  • 準備が間に合わず、1回のサポートで登録ができなかった場合は、有料にてサポートは可能です。
  • 当日、連絡なくご参加されなかった場合は、1回のサポートを受けたものとみなします。

=======================================================

2024年3月現在、gBizID取得には申請から約1ヶ月かかります。
登録には印鑑登録証明書と住民票又は登記事項証明書の取得も必要になります。

電子申請が必須の行政手続きも増加しておりますので、まだ、gBizIDを取得されていない事業者様は取得に動かれることをお勧めします。

 

gBizIDが活用できる行政手続き一覧

=======================================================

2024年3月追記

オンライン申請やオンライン手続きは過渡期であり、問題があることも重々承知しています。
とはいえ、オンラインで完了できる行政手続きは増加しており、

オンライン申請の方が手続きが早く完了する

手数料が既存の申請方法よりも安価でできる

行政庁が開庁中に手続きをしなくてはならないということがなくなり、働き方改革に繋がる

等の利点はあります。

 

現状、利点が見えないことも多いかとは思いますが、
行政手続きを全てオンライン化するという方針は国の方針であり、義務となる前に移行する方が余裕を持った事業運営を行うことができると考えます。

(記憶に新しい、インボイスや電子帳簿保存法の移行に苦労した事業者様も多いのではないかと思います。)

 

今回、無料サポートキャンペーンを行うこととした理由は

オンライン申請が用意されているのに、使われていないことの理由に、「gBizIDを取得していないから」

ということが上がっており、さらには、理由の過半数を占めていたため、

これではいくらオンライン申請を整えたとしても使われることがなく、いつまで経っても事業の効率化が図られないと考えるからです。
特にgBizIDは様々なオンライン申請の入口となるIDです。1度作れば、多くの行政手続きに使用することができます。

 

事業者の方の業務の効率化のお役に立てればと考えておりますので、この機会をお見逃しなく。

 

 

 

 

関連商品

  1. 補助金・助成金

    事業継続、復活等の支援のためのサポートを行います。

ページ上部へ戻る